【初めての沖縄】海&絶景と歴史探訪で大満足!絶対行きたい観光スポット8選

沖縄の渡嘉敷島
Home » World » 日本 » 【初めての沖縄】海&絶景と歴史探訪で大満足!絶対行きたい観光スポット8選

透明な海に美ら海水族館。必見スポットと絶景のみを厳選して大満足な沖縄旅行! 


沖縄の渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ

日本国内の憧れのリゾート地、沖縄。

 ✔世界最大の魚ジンベイザメに出会える『美ら海水族館』に、
 ✔琉球王国時代から続くパワースポット『斎場御嶽』
 ✔さらには、陸路で行ける離島『古宇利島』など、

本州とはひと味違う景色と伝統が連なり、心身ともにリフレッシュできる見どころばかりが集まります。

でも、正直、いっぱい見どころがありすぎてどこに行ったらいいのかわからない。。。

そんなあなたに、元旅行会社勤務&世界33ヵ国を訪問実績を持つ筆者が、

初めての沖縄でも、これだけ行けば大満足!な定番&絶景スポット

だけを厳選してご紹介していきます。

観光日数3日~4日で充分まわれ、沖縄最高!と思える必見スポットばかりです。

旅行日数にあわせて観光スポットを吟味して、沖縄旅行を120%楽しみましょう♪

沖縄旅行を探してみよう♪

クーポン利用でお得に!/
 じゃらんパック公式HP ≫

╲楽天ポイントが貯まる!/
 楽天トラベル公式HP ≫

沖縄ってどんなところ?


沖縄のビーチでSUPを楽しむ人
沖縄 古宇利島

日本列島の最南端に位置する沖縄県。南北106.6kmの細長い沖縄本島のほか、160の離島が点在し、そのうちの47島が有人島です。

県庁所在地は沖縄本島の南部に位置する『那覇市』。『那覇空港』には、本州各地から多くの飛行機が到着し、沖縄旅行の拠点にもなっています。

透明な海やグルメ、年齢問わずに楽しめるスポットが満載♪

2018年には年間約1000万人の観光客が国内外から訪れ、名実ともにみんなが行きたい!憧れの観光地となっています。

沖縄の必見!観光スポット一覧


沖縄の観光地マップ
沖縄 観光地図
おすすめ度名称種類見どころ
★★★★★斎場御嶽御嶽(拝所)神様が集まる聖所『さんぐーい』
★★★★★首里城王宮龍と真っ赤な色が目を惹く和中折衷の装飾
★★★★★古宇利島海の上走る橋とハートロック
★★★★★沖縄美ら海水族館水族館世界最大の魚ジンベイザメ
★★★★★渡嘉敷島ダイバーも憧れる慶良間ブルー
★★★★中城城跡遺跡綺麗に積まれた石積みの壁
★★★★伊計島透明度が高く素朴な雰囲気が漂うビーチ
★★★★万座毛景観象の鼻のような崖とサンセット

絶対行きたい!沖縄の観光スポット5選


沖縄No.1のパワースポット『斎場御嶽』

沖縄の斎場御嶽のサングーイ
沖縄 斎場御嶽 『三庫理(さんぐーい)』

👍

ここが見どころ

★世界遺産に登録
★琉球王国最高の聖地
★シダやランなどの亜熱帯植物

💡

観光のヒント

★駐車場&チケット売り場から徒歩10分
★御嶽内にトイレはなし!
★チケットは『南城市地域物産館』で購入

琉球王国にて、神々や祖先をまつる場所であった『御嶽(うたき)』のひとつである『斎場御嶽(せーふぁうたき)』。

琉球を創った神であるアマミキヨにより創られたと言われ、琉球王国最高の聖地とされています。

特に、巨大な岩が重なり、三角の空間をなしている『三庫理(さんぐーい)』は、『斎場御嶽』内に6つある『イビ(神の宿る場所=神様に拝むための場所)』の中でも、特別な場所

その三角の空間の先にはアマミキヨが最初に降り立ったとされている神の宿る島『久高島』を見渡すことができます。

沖縄の斎場御嶽
沖縄 斎場御嶽

また、かつて琉球の国王が国家繁栄、五穀豊穣、航海安全を祈ったと言われる聖地である『斎場御嶽』は、シダやランなどの植物が生い茂り、沖縄本島の南部の中でも、優れた森林地帯にもなっています。

緑広がる清らかな空気の中、神様のパワーをしっかりと吸収していきましょう♪

~斎場御嶽の基本情報~
【名称】斎場御嶽(せーふぁうたき)
【住所】〒 901-1511 沖縄県南城市知念字久手堅地内
【アクセス】 東陽バス:那覇バスターミナルより斎場御嶽線338番『斎場御嶽入り口』下車
【時間】 3月〜10月 9:00~18:00(最終入館17:30)11月〜2月 9:00~17:30(最終入館17:00)
【休み】 旧暦の5月1日~3日、旧暦の10月1日~3日
【チケット】 大人:¥300 ※他、割引チケットあり
【公式HP】琉球王国最高の聖地 世界文化遺産 斎場御嶽 (okinawa-nanjo.jp)
※詳細は、公式HPでご確認ください。

那覇市内を一望できる『首里城公園』

沖縄の首里城跡
沖縄 首里城

👍

ここが見どころ

★世界遺産に登録
★朱色と龍の装飾
★琉球王国の王の家

💡

観光のヒント

★2019年の火災により修復中
★有料区域と無料区域があり

琉球王国の国王の住まい兼行政機関の本部でもあった『首里城』。

1429年~1879年のおよそ450年間続いたと言われる琉球王国は、尚巴志(しょうはし)により造られました。

王国成立と同時に、那覇にあった13~14世紀頃に造られたグスグの城跡を『住まい兼行政本部』として使用するようになったと言われています。

沖縄の首里城の龍の装飾
沖縄 首里城 龍の装飾

なお、『首里城』は正式には『首里城公園』と呼ばれています。

那覇市内を一望できる高台に位置し、公園内には『守礼門』『正殿』『玉陵』などの見どころが詰まっています。

まずは、『守礼門』を通って、真っ赤な色と迫力ある龍の装飾が美しい『正殿』へ。木造3階建ての『正殿』内には、実際に国王が座られていた玉座(椅子)や、行政が行われていた部屋などを見学することができます。

※2019年に起きた火災により、現在(2022年8月)は修復中です。

そのほか国王のお墓『玉陵』やそれぞれ装飾が違う『門』や『石碑』など見どころが満載ですので、気ままに散策してみましょう♪

沖縄の首里金城町石畳
沖縄 首里金城町石畳

まだ体力があれば、『首里金城町石畳』まで足を延ばすのもおすすめです。

およそ300m続く石畳の坂道には古民家やガジュマルの木などが残されており、まるでタイムスリップしたような気分が味わえますよ♪

~首里城の基本情報~
【名称】首里城公園
【住所】〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2
【アクセス】モノレール:ゆいレール『首里駅』より徒歩15分 バス:首里城下町線7、8番『首里城前』下車
【時間】無料区域:8:30~18:00 有料区域:9:00~17:30(チケット販売終了17:00)
【休み】7月の第1水曜日とその翌日
【チケット】¥400 ※他、割引チケットあり
【公式HP】首里城 ‐ 琉球王国の栄華を物語る 世界遺産 首里城 (oki-park.jp)
※詳細は、公式HPでお確かめください。

海上を走れる橋で行ける離島『古宇利島』

沖縄の古宇利島にかかる橋
沖縄 古宇利島

👍

ここが見どころ

★海上を走れる橋
★透明度抜群の海
★ハートロック

💡

観光のヒント

★海上ドライブは気分爽快!
★ハートロックまでの階段は少し急

沖縄北部に位置する『古宇利島』は、2005年に沖縄本土とを結ぶ橋が開通♪

住民にも観光客にもアクセスが抜群によくなり、エメラルドグリーンの海に囲まれた離島まで気楽に行けるようになりました。

沖縄リゾート気分が最高潮に盛り上がる海上のドライブを抜けた先には、駐車場兼休憩所が整備されており、橋の下では軽い海水浴やマリンアクティビティも楽しめます。

沖縄の古宇利島にあるハート岩
沖縄 古宇利島 『ハートロック』

また、テレビCMでも話題となったハートの形をした『ハートロック』があるのも『古宇利島』です。

透明度抜群のビーチ沖にぽっかりと飛び出している2つの岩が、まるでハートに見え恋愛アップのご利益もあるとかないとか。。。

島内にはかわいらしいカフェや、沖縄本島と古宇利島を結ぶ『古宇利大橋』が一望できるテラスやレストランが整備されている『古宇利オーシャンタワー』など、沖縄時間をゆっくり楽しむのにも最適です♪

~古宇利オーシャンタワーの基本情報~
【名称】古宇利オーシャンタワー
【住所】〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
【時間】10:00-17:00
【休み】なし
【チケット】¥850
【公式HP】古宇利オーシャンタワー|ようこそ、”恋の島”古宇利島へ (kouri-oceantower.com)
※詳細は、公式HPでお確かめください。

世界最大の魚に出会える『沖縄美ら海水族館』

沖縄の美ら海水族館
沖縄 美ら海水族館

👍

ここが見どころ

★ジンベイザメやマンタ
★館外で行われるショーや展示
★大迫力な水槽

💡

観光のヒント

★館外ショーなどは入場しなくても楽しめる♪
★『海洋博公園』内に位置

沖縄の海中の世界が、陸上で楽しめる『沖縄美ら海水族館』。

言わずと知れた沖縄の観光スポットです。

館内では、サンゴの飼育展示や世界最大の魚と言われるジンベイザメ、世界で初めて繁殖に成功したナンヨウマンタなどが観賞できます。

幅22.2m、高さ8mもある巨大な水槽の中で、ジンベイザメやエイなどが優雅に泳ぐ姿が楽しめます。

沖縄の美ら海水族館のイルカショー
沖縄 美ら海水族館

さらに嬉しいことに、水族館周辺にも充実した施設が満載です。

無料で楽しめるイルカショーをはじめ、マナティーやウミガメなどを鑑賞することができます。

実は、『沖縄美ら海水族館』は、『海洋博公園』内にあるひとつの施設。

71.6haもある広大な公園内には、『沖縄美ら海水族館』のほか、ビーチや植物園、海洋文化館なども整備されており散策にも最適です♪

~沖縄美ら海水族館の基本情報~
【名称】沖縄美ら海水族館
【住所】〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
【アクセス】那覇バス、琉球バス交通、沖縄エアポート:『記念公園前』下車 徒歩10分 やんばる急行バス:『ロイヤルビューホテル美ら海』下車
【時間】10月~2月 8:30-18:30 3~9月8:30-20:00
【休み】12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
【チケット】¥1,800 ※他、割引チケットあり
※詳細は、公式HPでお確かめください。

憧れの慶良間ブルー『渡嘉敷島』

沖縄の渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ
沖縄 渡嘉敷島

👍

ここが見どころ

★透明度抜群の白浜ビーチ
★ウミガメにも遭遇できる!?!?
★カヌーや無人島探訪が人気の『阿波連ビーチ』

💡

観光のヒント

★那覇より高速船で35分
★面積20㎢の小さな離島
★レンタカーで1日周遊もOK!

那覇より西方向へおよそ30kmの位置にある『渡嘉敷島(とかしきじま)』

エメラルドグリーンの海と白浜の絶景が広がり、海の中ではサンゴやウミガメなどと出会えるダイバーの憧れの地としても知られています。

人口750人ほど面積20㎢ほどの小さな島ですので、那覇から日帰りでもOK!『慶良間ブルー(けらま)』とも呼ばれる透明度抜群の海に囲まれた1日が過ごせます。

沖縄の渡嘉敷島の阿波連ビーチ
沖縄 渡嘉敷島『阿波連ビーチ』

最も人気なのは、800mの白浜が続く『阿波連ビーチ』

景色が綺麗なのはもちろんのこと、シュノーケリングやダイビングが楽しめます。また、無人島『ハナレ』までのカヌーツアーといったワクワクの沖縄らしい体験も可能です。

周辺には集落が広がっているので、ランチやカフェ休憩も心配ありませんよ♪

~阿波連ビーチの基本情報~
【名称】阿波連ビーチ
【住所】沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連
【アクセス】渡嘉敷港よりバスで20分

時間があったら行きたい!沖縄の観光スポット3選


沖縄の歴史が垣間見れる『中城城跡』

沖縄の中城城跡
沖縄 中城城跡

👍

ここが見どころ

★世界遺産に登録
★美しい石積みの壁
★沖縄の景色を一望

💡

観光のヒント

★沖縄に点在するグスク(城跡、拝所、聖所)のうちのひとつ

沖縄観光に欠かせないグスク(城跡や聖所のこと)のうちのひとつである『中城城跡(なかぐすくじょうあと)』

『琉球王国のグスク及び関連遺産群』として、2000年にユネスコ世界遺産に登録され、2006年には『日本100名城』としても登録されました。

沖縄の中城城跡
沖縄 中城城跡

14世紀後半ごろに造られたといわれる『中城城』内には、6つの郭にわかれており、正殿や排所、井戸などがあったといわれています。なかでも、石灰岩が積み上げられて造られた城壁の美しさは、1853年に来日したペリーも称賛したほど。

美しい曲線を描きながらと空へと伸びる石垣の先には、沖縄の青空が広がり爽快な気分が味わえますよ♪

~中城城跡の基本情報~
【名称】中城城跡(なかぐすぐじょうあと)
【住所】沖縄県中頭郡中城村泊1258
【時間】8:30-16:30
【チケット】¥400
【公式HP】沖縄の世界遺産 中城城跡 (nakagusuku-jo.jp)

素朴なビーチと歴史が満載な『伊計島』

沖縄の伊計ビーチ
沖縄 伊計島『伊計ビーチ』

👍

ここが見どころ

★白浜のビーチ
★グスクやガー(湧水)などの歴史探訪

💡

観光のヒント

★沖縄本島から橋でアクセス可
★絶景の中のドライブは最高!

沖縄本島の東沿岸に浮かぶ小さな島『伊計島』。

周囲わずか7㎢の島は、サトウキビ畑が広がるのどかな田園風景と透明度が高すぎる海に囲まれた島です。

沖縄本島からは、『海中道路』と呼ばれる橋でつながっているため陸路で行けるのも魅力のひとつ。まるで、海の中を走っているような爽快感が味わえます。

沖縄の伊計島の海
沖縄 伊計島

島内には、『伊計ビーチ』と『大泊ビーチ』の2つの白浜ビーチが整備されており、どちらも魚が泳ぐのがみえるほどの透明度。

特に、『伊計ビーチ』には、マリンアクティビティやバーベキューセットなどが用意されており、遊ぶのにも最適です。

島の集落に一歩足を踏み入れれば、瓦屋根の古民家やガジュマルの木などが並ぶ沖縄の原風景が広がり、グスク(聖所)やガー(湧水)などの遺跡巡りも楽しめます♪

~伊計島の基本情報~
【名称】伊計島
【住所】沖縄県うるま市与那城伊計
【アクセス】那覇より車で90分程度

サンセットに訪れたい『万座毛』

沖縄の万座毛
沖縄 万座毛

👍

ここが見どころ

★象の鼻のような形をした崖
★沖縄No.1とも言われるサンセット

💡

観光のヒント

★サンセットタイムは駐車場が混雑
★見学は日没まで

崖の形が象の鼻の形に見えることで有名な『万座毛』

真っ青な東シナ海を望む大パノラマと高さ20mの断崖絶壁から飛び出す象の鼻。後ろを振り返れば緑に生い茂る広大な芝生の大地。

『万座毛』とは、『万人を座するに足る平原』つまり、大勢が一堂に座ることができるほど広い平原が広がっていることから名づけられました。

沖縄の万座毛のサンセット
沖縄 万座毛

また、夕方になれば真っ赤な夕日が海に沈んでいくとともに、青空が赤く燃えたりオレンジの優しい空が広がったりとロマンティックなサンセットが見られるスポットとしても有名です。

夕方に足を運べば、昼間の景色と夕方の景色が見られて一石二鳥👍

2020年には、『万座毛周辺活性化施設』が新しくオープン。施設内では、沖縄料理がいただける飲食コーナーや東シナ海を一望する展望デッキなどが整備されているので、景色を楽しみながらのひと休みにも最適です♪

~万座毛の基本情報~
【名称】万座毛(まんざもう)
【住所】沖縄県国頭郡恩納村字恩納2767
【アクセス】那覇より車で1時間程度
【チケット】¥100
【公式HP】万座毛株式会社 | 「万座毛周辺活性化施設」を運営する指定管理業者です。 (manzamo.jp)

知っておきたい!沖縄観光のヒント


沖縄観光に必要な日数は3~4日!

沖縄の瀬長島
沖縄 瀬長島

必見スポットを廻りながら沖縄本島を周遊したい場合は3泊4日、車なしで必見スポットのみを楽しむ場合は2泊3日が最適です。

『首里城』や『国際通り』『渡嘉敷島』などは、那覇市内から簡単にアクセスすることができますが、『美ら海水族館』や『古宇利島』までは車で片道1時間半~2時間程度かかります。

島の南端から北端までは車で3時間はかかるため、3泊4日でもすべてを周遊するのは厳しいくらいです。

車で周遊できる場合は、3泊4日で沖縄本島の3/4程度を周遊
車なしバカンスの場合は、那覇に宿泊をして1日だけバスツアー

などで足を延ばすのがおすすめです。

✎ レンタカーで廻る沖縄!3泊4日観光モデルコースについて、詳しくはこちら⇨満足度120%!初めての沖縄、レンタカーで廻る3泊4日モデルコース

✎ 車なしで楽しむ沖縄!2泊3日観光モデルコースについて、詳しくはこちら⇨【レンタカーなし】初めての沖縄、定番も絶景も見逃さない2泊3日モデルコース

観光ベストシーズンは4月と7月!

沖縄の読谷村の夏
沖縄の海と空

常春で1年中暖かい沖縄。真夏でも熱帯夜になることがなく、冬でも最低気温17℃程度と過ごしやすい気候です。

ですが、実は雨が意外と多いんです。

梅雨と台風が本州よりも早めに到来し、冬は曇り空としとしと雨が多いため、雨が降る確率が最も低い4月と7月ベストシーズンです。

もちろん、1年中季節毎の楽しみ方があり、冬でも本州の秋程度ど過ごしやすいのですが、梅雨や台風の時期は豪雨になる可能性もありますのでご注意くださいね♪

✎ 沖縄の年間の天気&時期ごとの過ごし方について、詳しくはこちら⇨沖縄旅行【ベストシーズンは4月と7月!】時期ごとの天気と観光の楽しみ方

沖縄旅行は飛行機+ホテルのセットプランがお得!

飛行機のイメージ

沖縄までのアクセスは、基本的に飛行機になります。

各旅行会社(JTBH.I.S)や旅行予約サイト(じゃらんパック楽天トラベル)などで、

✔航空券
✔ホテル

をそれぞれ選べるセットツアーが、別々に予約するよりもお得でおすすめです♪

また、レンタカーが必要がな場合も、航空券+ホテルとあわせて予約できます。

往路は朝便、復路は夕方便で最大限に時間活用!

沖縄の海
沖縄の海

観光時間が最大限に確保できる、

✔往路は朝便、
✔復路は夕方~夜便

がおすすめです。

基本料金に追加料金が必要になりますが、沖縄で遊べる時間を考えると追加を支払うのが得策です。

せっかく旅行行ったのに結局時間がなくて何もできなかった。。。

では、勿体ないです。

料金を少しでも抑えたいなら、

✔旅行時期を少しずらしたり(夏休み、春休みなどみんなが出かける時期は割高です)
✔週末を避けたり、

した方がよっぽど節約になりますよ👍

まとめ


絶景好き!なあなたは♪

沖縄の渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ

エメラルドグリーンの海を求めて、『古宇利島』や『渡嘉敷島』、そして、沖縄本島の海沿いをメインに♪

パワースポットに行きたい!というあなたは♪

沖縄の斎場御嶽のサングーイ

沖縄イチのパワースポット『斎場御嶽』や『首里城公園』にある『首里森御嶽』などを訪ねて♪

歴史にも触れたい!なあなたは♪

沖縄の首里城跡

『首里城』や『グスグ(中城城跡など)』巡りで、歴史に触れて♪

とりあえずみ~んな行きたい!あなたは♪

沖縄の渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ

必見スポットの中から優先順位をつけて、行けるだけ行きましょう♪

伝統、絶景、グルメと見どころが多い沖縄旅行。

行きたいところはいっぱいあっても、日数は限られているので、行きたい場所を厳選していくことが重要です。

また、旅行の時期や天気によっても行きたい場所、行ける場所が変わってくるので沖縄の天気を参考にしながら、観光スポットを決めて、あなたらしい沖縄旅行を満喫してくださいね♪

※掲載されている情報は、記事公開時点の情報です。最新の情報は、公式HPなどでご確認ください。

沖縄旅行を探してみよう♪

クーポン利用でお得に!/
 じゃらんパック公式HP ≫

╲楽天ポイントが貯まる!/
 楽天トラベル公式HP ≫

╲あわせて読みたい/

~日本の観光関連記事~

~新着記事~

~カテゴリー~

Pin It on Pinterest

Share This