ランサローテ島の空港はどこ?ターミナルは?市内までの行き方は?

スペイン・カナリア諸島のランサローテ島の空港外観
Home » Lanzarote » 観光情報 » ランサローテ島の空港はどこ?ターミナルは?市内までの行き方は?

80都市を往復し、年間利用者数700万人の人気空港!市内までのアクセスも簡単明瞭! 


ランサローテ島の上空を飛ぶ飛行機
空飛ぶ飛行機

スペインのカナリア諸島に位置する《ランサローテ島》。

年間300万人以上が訪れるヨーロッパのリゾート地。1年中温暖な気候が続き、脅威なる自然が楽しめる楽園です。

そんな魅力あふれる場所、行ってみたい!と思っているあなた♪

でも、いったいどうやって行けるんだろう?空港なんかあるの?行くのが難しいんじゃない?

そんな疑問もわいてきますよね。

でも、大丈夫です!安心してください。

ランサローテ島には空港があり、ヨーロッパ80都市からアクセスが可能です。

1週間に555便もの飛行機が行き交う、人気の空港なんです。

本記事では、在住者の私がランサローテ島の空港についてご紹介していきます♪

あなたもきっと、いますぐ出発したくなりますよ👍

ランサローテ島の空港ってどんな所?


ランサローテ島の上空を飛ぶ飛行機
ランサローテ島の上空を飛ぶ飛行機

カナリア諸島内でも大人気の観光リゾート地『ランサローテ島』。

空港がひとつあり、年間700万人以上が利用します。ターミナルは2つと空港自体は小さめですが、1週間に555便が行き来する稼働率の高い空港です。

ヨーロッパ80都市へ就航しており、特に、スペイン、イギリス、ドイツからの就航便が多く発着しています。

ランサローテ島の空港基本情報


スペイン・カナリア諸島・ランサローテ島のユネスコエコパークマーク
スペイン・カナリア諸島・ランサローテ島のユネスコエコパークマーク
名称:el aeropuerto de César Manrique-Lanzarote
ターミナル数:2
空港コード:ACE
就航都市数:スペイン国内、国外80都市
就航数:555便/週(2021-2022冬)
就航航空会社数42社
開港年1946年
     
利用者数/年:729万人(2019年)
観光オフィス:あり。T1-到着ゲートを出て、ななめ右前あたり。
駐車場:P1-1058台、P2-204台
wifi:無料
アシスタントサービス:出発48時間前までに要予約:航空会社または旅行会社に問合せ。または、空港へ直接連絡
レンタカー会社:9社
ATM:T1-到着ロビー
空港インフォメーションセンター:T1-1階、T2-0階
ガソリンスタンド:7:00-23:00
※2022年3月現在

ランサローテ島の空港の位置


スペイン・カナリア諸島のランサローテ島の空港の位置と市内までの所要時間
ランサローテ島の空港の位置と市内までの所要時間

ランサローテ島の空港は、島の東側、南北の中心辺りに位置し、とても便利な場所にあります。

観光の拠点となるプエルト・デル・カルメン、首都のアレシーフェからは車でわずか5~10分程度、コスタ・テギセは20分、プライヤ・ブランカまでは25分程度です。

海に面しているため、到着前からリゾートに来たワクワク感も盛り上がり、綺麗な海が一望できます。

また、空港脇には遊歩道、自転車道も整備されているので散歩に行けば、到着する飛行機を真下から眺めることもできますよ♪

ランサローテ島の空港ターミナルは2つ


スペイン・カナリア諸島のランサローテ島の空港外観
スペイン・カナリア諸島のランサローテ島の空港外観

2つのターミナルからなるランサローテ島の空港。

ターミナル1はスペイン国内外からの路線、ターミナル2はカナリア諸島内の路線となっています。

ターミナル1は国際線、国内線

ポルトガルのリスボンの世界地図
世界地図

メインのターミナルである『ターミナル1(T1)』は、スペイン国内外からの路線が発着します。

そのため、ランサローテ島への訪問者のほとんどは、『ターミナル1』の利用となります。

ターミナルは2階建てになっており、上階(2階=Planta1)が出国ロビー、下階(1階=Planta0)が到着ロビーとなっています。

ターミナル内には、バーレストランや免税店、衣料品店、お土産店など25店舗が揃えられているため、ちょっとした時間潰しにも不自由はありません。

就航:スペイン国内外線
サービス:レンタカー会社、チケット販売、バー・レストラン、ショップなど25軒、駐車場、ATM、観光案内所など
※2022年3月現在

ターミナル2は、カナリア諸島内線

カナリア諸島の地図
カナリア諸島の地図

ターミナル2は、カナリア諸島内の移動にのみ使用されます。

そのため、あまり利用する機会がないかもしれませんが、ランサローテ島を観光した後に、他の島にも寄りたい、もしくは他の島に寄ってからからランサローテ島を訪問する場合などに利用ができます。

ターミナル1に比べると小さく、バーレストランが1軒入っているのみになっています。

就航:カナリア諸島内線
サービス:レンタカー会社、チケット販売、バー・レストラン1軒、駐車場など
※2022年3月現在

ランサローテ島の空港から市内へのアクセス方法は3つ


スペイン・カナリア諸島のランサローテ島の街並み
スペイン・カナリア諸島のランサローテ島の街並み

ランサローテ島の空港から市内へのアクセス方法は主に3つで、レンタカー、タクシー、バスです。

最も一般的な手段はレンタカーです。車を借りる予定のない場合は、タクシーが便利です。バスは運行数が少ないため、時間を有効に使用するためにも、タクシーがおすすめです。

ただし、プライヤ・ブランカに宿泊予定の方は少し値段が上がりますのでバスもいいかもしれませんね♪

レンタカーで市内へ

スペイン・カナリア諸島・ランサローテ島のリオ展望台
スペイン・カナリア諸島・ランサローテ島のリオ展望台

島巡りにも便利なレンタカーは、空港で借りるのが便利です。

到着と同時にレンタカーでホテルへ移動、島巡り、最終日も空港で返却することが可能です。

料金的にも良心的なレンタカー会社が多く、€200/週程度~借りられます。保険の種類などをきちんと確認してから借りるようにしてくださいね♪

また、時期によっては、かなり混雑しますので、出発前に予約しておきましょう♪

☆レンタカーの借り方について、詳しくはこちら⇨島を自由に観光しよう!ランサローテ島でのレンタカーの借り方

行先所要時間(およそ)
プエルト・デル・カルメン:5~10分
アレシーフェ:5~10分
コスタ・テギーセ:20分
プエルト・カレーロ:15分
プライヤ・ブランカ:25分

タクシーで市内へ

ランサローテ島のタクシー
ランサローテ島のタクシー

空港には、タクシーも常駐しています。

どこの街にホテルを予約しているかにも寄りますが、例えば観光のメイン拠点地となるプエルト・デル・カルメンまではタクシーで10分程度、料金€20程度。バスのような待ち時間もなくホテルまで直行できますので、便利です。

行先料金(平日/祝日)
プエルト・デル・カルメン:€20/22
アレシーフェ:€16/17
コスタ・テギーセ:€25/28
プエルト・カレーロ:€24/26
プライヤ・ブランカ:€45/50
※2022年3月現在

バスで市内へ

ランサローテ島を走るバス
ランサローテ島を走るバス

空港には、バス停も整備されています。

首都アレシーフェ、島最南端の街プライヤ・ブランカ、観光拠点プエルト・デル・カルメン行のバスが運行しています。いずれも運行間隔は30分から1時間程度。

せっかくのバカンスですので、タクシーでビュンっと行ってしまった方が時間も有効的に使用できてお得です。

☆ランサローテ島内の移動手段について、詳しくはこちら⇨ランサローテ島を観光するための島内移動手段5選!

行先路線番号運行間隔料金
プエルト・デル・カルメン:16130-601,40
アレシーフェ:2325-501,40
コスタ・テギーセ:23→3へ乗換25-502.55
プエルト・カレーロ:16130-601,80
プライヤ・ブランカ:16130-603,30
※2022年3月現在

到着から入国までの流れ


空港で登場ゲートへ向かう人のイメージ
空港で登場ゲートへ向かう人のイメージ
シェンゲン協定国内経由での到着の場合シェンゲン協定国外経由からの到着の場合
入国審査済みですので、特別な審査などはありません。パスポートコントロール(入国審査)
預け荷物の受け取り預け荷物の受け取り
空港の外へ空港の外へ

日本から到着の場合、おそらくスペイン経由で来られる方が多いと思いますので、パスポートコントロール(入国審査)はスペインで最初に到着した空港となります。

例えば、成田⇨マドリード⇨ランサローテ島の日本からの最短ルートで到着の場合は、マドリードで入国審査が行われます。

そのため、ランサローテ島では荷物を受け取るだけで空港から出ることができます。きっと、ランサローテ島の暑い太陽が迎え入れてくれますよ👍

☆日本からランサローテ島までアクセス方法について、詳しくはこちら⇨在住者が教える!日本からランサローテ島の行き方

※シェンゲン協定国(ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定)=ポルトガル共和国、スペイン王国、フランス共和国、イタリア共和国、スイス連邦、リヒテンシュタイン公国、オーストリア共和国、ドイツ連邦共和国、ルクセンブルク大公国、ベルギー王国、オランダ王国、デンマーク王国、アイスランド共和国、ノルウェー王国、スウェーデン王国、フィンランド共和国、エストニア共和国、ラトビア共和国、リトアニア共和国、ポーランド共和国、チェコ共和国、スロバキア共和国、ハンガリー、スロベニア共和国、ギリシャ共和国、マルタ共和国(2021年現在)

出国の流れ


空港内のイメージ
空港内のイメージ
チェックイン:※オンラインチェックインまたは空港で。航空会社の規定に従ってくださいね♪
※空港への到着は2時間前が基本。レンタカーの返却手続きなどがある場合は、早目に到着を!
預け荷物を預ける:※チェックインカウンターで預けましょう
セキュリティチェック:※夏休みやクリスマス休暇、お正月休暇時期などは混雑している場合があります。繁忙期に重なる場合は早目早目の行動を!
搭乗:※搭乗ゲートを確認してゲートで待機⇨搭乗

なお、出国に関しても、シェンゲン協定国内経由の場合は協定国を出発する最後の空港で出国審査が行われます。その場合は、ランサローテ島の空港では、審査は不要です。

まとめ


ランサローテ島の上空を飛ぶ飛行機
ランサローテ島の上空を飛ぶ飛行機

ランサローテ島の空港は小さめなので、迷うこともない安心な空港です。

それにもかかわらず、年間利用者数は700万人超えと利用者数も多い空港。繁忙時期に重なる場合は早目の行動をしておくと、慌てずに過ごすことができ、安心ですよ。

旅のスタートである空港。到着のワクワクをずーーっと維持しながら素敵なバカンスをお過ごしくださいね♪

\あわせて読みたい/

\必見スポットを効率よく!/

\どうやって行くの?/


~ ランサローテ島のお役立ち関連記事 ~

~ 新着記事 ~

~ カテゴリー ~

Pin It on Pinterest

Share This